英語資格めざすなら英検とTOEICどっちがいい?迷った人に3つの質問!

英語資格めざすなら英検とTOEICどっち?

英語資格試験を勉強する時、よく比較されるのが英検とTOEIC

英語を勉強するなら何かしらの資格試験を勉強するのが一番の近道ということは間違いありません。

だけど、結局どっちがいいの?

そんな疑問をお持ちの方、どちらにしようか迷っている方の参考になればと思います。

英検は、アカデミックな内容で受験級が分かれているとか、TOEICビジネスにおける実用的な内容や日常会話を中心としている、っていうイメージが一般的。

一般的な英検とTOEICの比較については「TOEICと英検の違いは?有効期限は都市伝説!?」も参考にしてくださいね。

比較基準はいろいろあるけれど、今回、英検とTOEICの違いを3つの視点で比べてみたいと思います。

英検とTOEICの3つの比較基準
  1. 英語資格試験の目的:なぜその試験を受けたいのか?
  2. 勉強にかける期間:どれぐらいの時間を英語の勉強に捧げるのか?
  3. 英語を使う場面:英語を使いたい理由、使う場所のイメージは?

以上3つについて、考えてみてください。

英検とTOEICどちらがあなたにとってのベストな選択か、おのずと答えが出ると思います。

では、1つづつ解説していきますね。

1. なぜその試験を受けたいのか?

なぜ、今英語の資格試験を受けようと思うのですか?

例えば、こんな理由があります。

  • Aさん 会社や学校から自分の英語力を証明するものを求められた。
  • Bさん 将来、留学や受験のために今から準備したい。
  • Cさん 英語力を根本的に伸ばしたい。
  • Dさん 英語が苦手なので、とりあえずなにか試験を受けてみたい。

あなたはどんな理由で試験を受けますか?近い理由はありますか?
ずばり英検かTOEICの目安は、こちら↓

Q: なぜその試験を受けたいのか?あなの試験は?
今の実力をチェックしたい!すぐに結果が知りたい →TOEIC
英語力をイチから鍛えたい →英検

TOEICはほぼ毎月行われている試験なので、「今の実力をチェックしたい」人には最適。

一方で英検は年に3回しかないですし、2次試験もありますのですぐに結果がでません。

よって、すぐに試験結果がほしいAさん、DさんはTOEICがいいと思います。

ですが、私が思うTOEIC最大のデメリットは、「間違えた問題を教えてくれない」ことなんです。

これは英語学習者にとっては致命的。

対して英検は間違えた問題がどこだったのか教えてくれるので、次の学習計画が立てやすいです。

よって、英語力を根本的に伸ばしたいCさん、将来のためにコツコツ勉強したいBさんには英検をおすすめします。

2.どれぐらいの時間を英語の勉強に捧げるのか?

これから英語の資格試験をめざすとして、どれぐらいの時間を勉強にささげることができますか?

  • Aさん ほとんど勉強時間はとれないが、いまの実力を調べたい。
  • Bさん 1年ぐらいを目安に英語力をアップしたい。
  • Cさん 期限は決めてないが、じっくり英語の勉強に取り組みたい。

これも、1つ目の質問と似ていますが、英検かTOEICかの目安はこうです。

Q:どれぐらいの時間を勉強にささげることができますか?あなたの試験は?
勉強時間はあまりない、ほとんどとれない →TOEIC
半年、1年以上の長期で勉強するつもり →英検

ここで、TOEIC派の方に叱られそうですが、「TOEICは勉強しなくてもいい」と言っているわけではないです。

もちろん、TOEICでハイスコアをだすためにはTOEICの対策をじっくりする必要があります。

ただ、TOEICに限定することなく「英語力をのばしたい」なら、TOEICより断然、英検がいいです。

前述したとおり、TOEICの弱点は間違った箇所がわからないこと。

それはTOEICの毎回のスコア採点に公平性をだす為なのです。

1年間じっくり英語の勉強した後にいまの自分の実力を試す!という形でTOEICを受験するのはもちろんアリです。

ですが、TOEICそのものを英語の勉強の目標にする、教材にして勉強するのはあまりおすすめしません。

長期の英語学習者には、英検のように自分の弱点分析をしてくれる試験を目標にするのがいいと思います。

3.英語を使いたい理由、使う場所のイメージは?

最後は、自分が英語を身につけてそれを使う場面、英語を身につけたい理由によって決めます。

  • Aさん 仕事で英語を使うようになった。ビジネス英会話を身につけたい。
  • Bさん ビジネスシーンに限らず、様々な場面で英語を使えるようになりたい。
  • Cさん 英語を身につけたい理由は決まっていないが、英語の基礎を身につけたい。

もう、おわかりかと思いますが、Aさんのようにビジネスシーンで英語が必要な方はTOEICがいいです。

Bさんのように、場面を限定せずに様々なシチュエーションに対応できる英語力をめざすなら英検がいいと思います。

一言に「英語」といっても英語を使う場面やシチュエーションによって必要な語彙やフレーズの種類も様々。

自分の英語を使う目的ハッキリしている人ほど、使える英語を早く身に着けることができます。

特に目的が決まっていないなら、総合的な英語力をつけるべく英検をめざすのがいいかと思います。

TOEICというと一般的にはListening&Readingの聞く&読むのインプットを試す試験になります。
(現在では、Writing&Speakingの試験もありますが、聞く&読むの試験とは分かれています。)

英検は、1次試験でListening, Reading & Writing を、2次試験でSpeakingを行うので英語4技能(読む・聞く・書く・話す)が全て揃っている点でも、英語の総合力を得られる試験といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

英検にするか、TOEICにするか迷っているなら、この3つの質問の答えをかんがえてみてくださいね。

  1. なぜその試験を受けたいのか?
  2. どれぐらいの時間を英語の勉強に捧げるのか?
  3. 英語を使いたい理由、使う場所のイメージは?

英語学習者にとって資格試験は、モチベーション維持の鍵。

英検に合格する!TOEICでXXX点以上とる!などの目標をもつことで、勉強効率は遥かに高まります。

私自身、たくさんの英語資格試験を受けてきましたが、試験をめざす度、合格する度に自分の英語力が1段UPしたという感覚をえることができます。

今後もさらなる目標を持って英語力ブラッシュアップに励みたいと思っています。

みなさまも次の目標に向かって、英語の勉強を続けてみてくださいね。

英語を仕事にするきっかけとなった本~たった3ヶ月で英語の達人~

2020年12月15日
挫折しない英検過去問勉強法

挫折しない英検過去問の勉強法6つの秘訣

2019年8月3日

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

忙しくても子育てしていても英語を学びたい、仕事に活かしたい人を応援・サポートしています。 2008年通訳案内士資格取得。現在は外資系企業に勤務。 2018年育児休暇を取得中に独学で英検1級に合格。 2019年現在TOEIC970取得 英検1級の勉強法や、仕事で使える英語術・コミュニケーション術を発信しています。 英語の勉強についてご質問&ご相談があればお気軽にお問い合わせください。